現在地
ホーム自動車保険自動車保険の補償内容ご自身のお車などへの補償車両保険 > 車両保険の補償内容を知っておこう(車両事故編)

車両保険の補償内容を知っておこう(車両事故編)

車両保険で補償される車両事故についてご説明します。

車両保険の役割

車両保険は、偶然な事故により、あなたの大切なお車に傷がついたり壊れてしまった場合に、その損害を補償するものです。
車同士の衝突や、単独事故、あて逃げ事故など、事故にはさまざまな種類があります。
車両保険には2つの種類があり、どの車両保険をセットするかによって、補償される事故の範囲が異なります。

車両保険の種類と事故の種類

「車対車+A」車両保険で補償される車両事故の例

車両保険の種類の1つである、「『車対車+A』車両保険」では、車同士(*1)(*2)の衝突・接触や、盗難、飛び石による窓ガラスの破損などの事故で、ご契約のお車に発生した損害に対して保険金が支払われます。

  • *1二輪自動車および原動機付自転車を含みます。
  • *2相手方の車とその運転者または所有者が確認できた場合に限り補償されます。

事故の種類としては、以下のようなケースが考えられます。

交差点で出会い頭に衝突 飛び石で窓ガラスが割れてしまった 駐車中に落書きをされてしまった 車が盗まれてしまった

交差点で出会い頭に衝突

飛び石で窓ガラスが
割れてしまった

駐車中に落書きを
されてしまった

車が盗まれてしまった

一般車両保険で補償される車両事故

「一般車両保険」では、上記にあげた事故はもちろん、単独事故やあて逃げ事故といった、相手のいないまたは相手が分からないといった事故による損害に対しても保険金が支払われます。

交差点で出会い頭に衝突 飛び石で窓ガラスが割れてしまった 駐車中に落書きをされてしまった 車が盗まれてしまった

交差点で出会い頭に衝突

飛び石で窓ガラスが
割れてしまった

駐車中に落書きを
されてしまった

車が盗まれてしまった

プラス

すれ違いざまに対向車と接触したが、相手がそのまま逃げてしまった 運転操作を誤って、電柱に衝突してしまった カーブを曲がりきれず、崖から転落してしまった

すれ違いざまに対向車と接触したが、
相手がそのまま逃げてしまった

運転操作を誤って、
電柱に衝突してしまった

カーブを曲がりきれず、
崖から転落してしまった

自然災害による車両事故については、「車両保険の補償内容を知っておこう(自然災害編)」をご確認ください。

車両事故の事例

事故ごとにさらに詳しく事例を見ていきましょう。

ページトップへ