現在地
ホーム自動車保険自動車保険の補償内容ご自身のお車などへの補償車両保険 > 車両保険の選び方

車両保険の選び方

車両保険を選ぶときの考え方についてご紹介します。

車両保険の種類と補償内容

車両保険を選ぶ前に、簡単に補償内容についておさらいしておきましょう。補償内容を知ることは、車両保険選びの大切なポイントになります。

車両保険には、一般車両保険と「車対車+A」車両保険の2つがあります。この2つは補償範囲に違いがあります。

一般車両保険は、ほとんどの事故に対応する、幅広い補償タイプです。
一方の「車対車+A」車両保険は、一般車両保険と比べると補償範囲は限定されます。あて逃げなど相手がわからない事故や、電柱やガードレールへの衝突・接触などの単独事故は補償されません。そのぶん保険料が安くなります。

一般車両保険 「車対車+A」車両保険

「単独事故」や「あて逃げ」でも
補償を受けたい。

運転に自信があり単独事故の補償は不要なので、
補償範囲を限定して保険料をおさえたい。

車両保険の選び方

上記のように車両保険には2つのタイプがあり、一般車両保険のほうがカバーされる事故の補償範囲が大きいため、一般車両保険に加入したほうが安心です。しかし、運転に自信があり単独事故などの補償は不要と考え、さらに、あて逃げされたときの補償も不要と考えるなら、「車対車+A」車両保険を選択することで、保険料をおさえることができます。

それでは、車をどのように利用しているのかのタイプ別に、2つの車両保険の選び方を考えていきましょう。

Aさん(男性・会社員)

Aさん(男性・会社員)一般車両保険

Aさんは毎日の通勤に車を利用しています。使用頻度が高く、長時間乗っているため、その分事故のリスクが高くなると考え、一般車両保険をセットすることにしました。

Bさん(女性・主婦)

Bさん(女性・主婦)一般車両保険

Bさんの家は駅から離れており、駅までの夫の送迎や買い物など、毎日車を利用しています。週末は夫婦でレジャーに出かけるのも楽しみです。車は生活に欠かせないため、万一に備え一般車両保険をセットしています。

Cさん(男性・会社員)

Cさん(男性・会社員)一般車両保険

Cさんは最近新車を購入しました。彼女とのドライブや帰省にも使います。社会人になって初めて購入した、愛着のある大切な車のため、補償範囲の広い一般車両保険を選びました。

Dさん(女性・会社員)

Dさん(女性・会社員)「車対車+A」車両保険

Dさんは仕事が忙しく、平日は全く車に乗らないゴールド免許保有者です。週末も買い物に行く程度で、遠出もありません。使用頻度が低く走行距離も短いことで、事故のリスクは低いと考えたため、保険料がおさえられる「車対車+A」車両保険を選択しました。

Eさん(男性・公務員)

Eさん(男性・公務員)「車対車+A」車両保険

Eさんは、車が趣味で、新しい車に買い替えを検討しています。次の車検時には購入したいと考えており、車の買い替え資金を貯めるためにも、一般車両保険に比べ保険料の安い「車対車+A」車両保険を選びました。

このように、車に乗る目的や頻度、ローンの有無、経済状況や運転歴などにより、車両保険を選ぶときの考え方は様々です。また、車両保険は、ずっと同じである必要はありません。

臨機応変に、一般車両保険と「車対車+A」車両保険を選ぶことで、お客さまのニーズに応じた最適な保険料と補償内容を設定することができます。

ページトップへ