JP
ENTRY

AXA AXA DIRECT
RECRUITING SITE

PERSON - 06

同年代の活躍が
仕事への
モチベーション

オペレーション部門
M.S

2020年入社 マネジメント学部卒

若くても責任のある
ポジションを任せられる

前職は別業種のコールセンターで働いていたのですが閉鎖されることになり、電話応対のトークスキルや身に着けたタイピングなどのパソコンスキルを活かせる仕事を探していました。当社の募集を見て高知オフィスを見学し、業務内容の説明を聞くうちに職場の雰囲気の良さや活気に惹かれました。何より魅力に感じたのが、チームリーダーや人事スタッフを務めている方が私と同年代だったことです。若い人でも職歴に関係なく責任のあるポジションに就けるチャンスがあると聞き、ここなら活躍できるフィールドがたくさんありそうだと思い、入社を決意しました。
入社後はカスタマーアドバイザーとして、お客さまのお問合せに対し保険のコンサルティングをしています。新規のご契約手続きから契約更新や継続手続き、WEB手続きのご案内など、お一人おひとりに合った保険をご案内するのが主な仕事です。前職ではかかってきた電話をただ取るだけでしたが、当社への入社をきっかけにお客さまと向き合うことが大切だと考えるようになりました。

30本の電話ではなく、
30人のお客さまに向き合う

カスタマーアドバイザーの役割は、お客さまが抱える問題を解決し、パートナーとして信頼関係を築くことです。当社の保険はインターネットで手続きができるという特性があるにもかかわらず、電話をかけてこられるお客さまは何らかの問題を抱えている方です。だから私たちが真摯に寄り添い、問題解決のお手伝いをすることが信頼関係を築くことにつながるのです。一日に約30本の電話がかかってきますが、ただ電話を取るのではなく、30人のお客さまに向き合う気持ちを忘れないようにしています。
保険は専門用語が多く、補償内容を理解していただくのは難解なことです。ご説明する際にはお客さまの保険の理解度に応じていくつかのパターンを用意し、端的に要所だけ説明したり、具体例を挙げて説明したりするなど、できるだけ専門用語を使わないよう心がけています。お車のご利用状況やご要望はお客さまによってさまざまです。お一人おひとりに最適な補償やプランをご提案し、ご納得いただけたときには思わずうれしくなり、ガッツポーズをしてしまいます。

まわりを巻き込む火付け役になる

お客さまにどう説明すれば分かりやすいか、常にアンテナを張って情報収集しています。自分で考えるだけでなく、他のカスタマーアドバイザーの応対を参考にしています。それが蓄積され、まだ見ぬ次のお客さまに対してどう説明しようかと試行錯誤している時間がこの仕事の面白いところです。
昔から自分一人で成果を上げるより、どうやったら全体の成果が上がるかを皆で議論し、何かをやるときにはまわりを巻き込んでその火付け役になりたいと思っています。チームで成功事例を共有し合い、もっとお客さまを満足させるにはどうすればいいか、チームの皆を巻き込んで一緒に探していきたいですね。
当社には同年代でありながら大きな裁量権をもち、リーダーやマネージャーとして責任あるポジションで活躍している方がたくさんいます。身近に目指す存在がいるのはすごく励みになり、仕事へのモチベーションにもなります。将来はチームリーダーやトレーナーなど、人材育成ができるポジションで活躍するのが私の目標です。

私が好きなアクサバリュー

お客さまに真摯に向き合うことが私のモットー。真摯を言い換えると「誠実」になります。ひとつひとつの仕事に妥協をしたくないので、1本1本の電話に対しても真摯に向き合って応対しています。絶対に手を抜かず、何事にも真っすぐに向き合い、信頼関係を築いていきたいと思っています。

TIME SCHEDULE

(ある1日の流れ)

  • 8:45出社、メール・チャット確認
  • 9:00業務開始お客さま対応
  • 10:00チームリーダーとの1on1ミーティング
  • 11:00お客さま対応
  • 12:30昼休み
  • 13:30お客さま対応
  • 16:30スキルアップ時間(自主学習)
  • 17:00お客さま対応
  • 18:00退社

SNAP & COLUMN

ピーターラビットのモデルになったネザーランドドワーフ種のうさぎを飼っています。休日、リビングでうさぎと追いかけっこをしているときはとても癒されます。