アクサダイレクト

思わぬ高額な賠償責任を負う可能性も!

補償選びのポイント

  • 損害賠償の対象は車の修理だけとは限りません
  • 器物を損壊した場合、思わぬ高額な賠償責任を負うケースがあります

一般的な車対車の事故であれば、1,000万円で十分カバーできそうに思えますが、事故で店舗などに突っ込んでしまった場合などは、思わぬ高額な賠償責任を負うケースもあります。もちろん、相手方の車が1,000万円を超える高額な車である場合も考えられます。
万一に備えるための保険ですから、アクサダイレクトでは対物賠償の保険金額は「無制限」をおすすめしています。

物損事故に関する主な高額判決例
認定総損害額(*) 裁判所 判決年月日 被害物件
2億6,135万円 神戸
地裁
1994年7月19日 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円 東京
地裁
1996年7月17日 店舗(パチンコ店)
1億2,037万円 福岡
地裁
1980年7月18日 電車・線路・家屋
1億1,798万円 大阪
地裁
2011年12月7日 トレーラー

出典:「ファクトブック2013・日本の損害保険」
一般社団法人日本損害保険協会

認定総損害額とは、被害者の損害額(弁護士費用を含む)をいい、被害者の過失相殺相当額を控除する前の金額です。

対物賠償保険の補償について

対物賠償保険

他人の車や財物(モノ)を壊したときの補償

ご契約のお車の事故で、ほかの車や建物など他人の財物(モノ)に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負担するときに、1事故につき保険金額を限度として、保険金をお支払いします。

保険金額 無制限・2,000万円・1,000万円

詳しくはPCサイトへ

× 閉じる
ページの先頭へ