アクサダイレクト

古い車との事故には要注意!

補償選びのポイント

車両の平均保有年数は年々伸びています。古い車(時価額が低い車)と事故になった場合、対物賠償保険だけでは相手側に満足のいく金額をお支払いできないケースがあります。

対物全損時修理差額費用補償特約について

対物全損時修理差額費用補償特約

相手方の車の時価を超える修理費用が発生したときの補償

対物事故における相手の車の修理費が時価額を超えた場合、その超過した額は法律上の賠償責任が発生しないため、対物賠償保険では補償されません。
しかし、この特約をセットすることで、超過した額も補償の対象となりますので、円満な事故解決のお役に立ちます。

保険金額 50万円を限度

詳しくはPCサイトへ

× 閉じる
ページの先頭へ