アクサダイレクト

現在地
ホームバイク保険事故対応とサービス担当スタッフの声 > 担当スタッフの声

担当スタッフの声

安心をサポートするための取り組みについてスタッフの声をお届けします。

事故対応スタッフ
人身事故を担当

お客さまの安心のために、アクサダイレクトができることは何ですか?
当社では、万一事故にあわれたお客さまのために、事故の受付は24時間365日行っており、休日も事故担当社員が初期対応を行い、速やかにお客さまに安心をご提供できるような体制づくりを行っています。また、無料のロードサービスやレッカーなどのAXAプレミアムロードサービス、提携修理工場のご紹介や事故経過WEB照会など、お客さまのご要望に応じてサービスのご提供をしています。代理店を介さず、お客さまと直接お話できることが当社の強みだと考えています。私は常に声の笑顔を心がけ、お客さまにご安心いただけるよう努めています。
嬉しかったことはありますか?
私は、アクサダイレクトに加入していてよかったと言っていただけることが、何よりも嬉しく、やりがいを感じます。お客さまにとって、私たち事故対応社員がアクサダイレクトそのものだと思います。私は、専門用語は極力使用せず、常にお客さまの立場に立った対応を心がけています。事故解決後にご協力をお願いしているWEBアンケートやお電話、お手紙などでお客さまから直接お喜びのお言葉をいただけるのは本当に嬉しいです。今後も事故対応サービスの向上に努めようという励みになっています。

事故対応スタッフ
物損事故を担当

損害サービスの仕事で特に印象に残っていることはありますか?
お客さまより、最初は電話対応だけで面談ができないと不安だというお声をいただきます。
そんな不安をお客さまから取り除けて、事故が解決した際に電話対応でもここまでよくやっていただけるんだというお客さまの感謝の言葉をいただいたことがありました。一方、その事故のお相手の方からも、「今度更新のときはアクサダイレクトに切り替えるよ」というお言葉をいただくこともありました。事故の両当事者の方々から喜びの声をいただけましたので、大変印象に残っています。
損害サービスの仕事で大切にしていきたいものは何ですか?
交通事故はお客さまにとって不慣れな人生の一大事だと思います。そんな不安をかけたお客さまに対していつも『真心』をもって接していくように心がけております。私たちとお客さまが接する機会は交通事故という不運な出来事がきっかけですが、それでもその出来事がきっかけにお客さまに『安心』を与えていければと思います。

事故対応スタッフ
物損事故を担当

プロとして意識していることは?
専門知識の向上を常に心がけるとともに、社会や会社に貢献できるよう使命感をもって業務に臨むことを意識しています。業務に直接的に関係のない社会現象や、社会の動きにも常に目を配り、仕事に生かすように努めています。専門用語などを使用しないで、お客さまなど一般の方々と目線を合わせることを常に意識しています。
損害サービスの仕事のやりがいは何ですか?
ご契約者の方に事故を解決した際に喜んでいただけたときが、やはり役に立てて良かったと感じるときです。それは、社会的要請がこの仕事にあると強く感じるときでもあり、裏を返すと役に立てる結果を実現するには、どのように仕事をするか苦悶する日々でもあります。また、それがやりがいにつながっていると思っています。

事故対応マネージャー
センター責任者

こだわりのポイントを教えてください。
事故解決において大事だと思うことは、今後どのように進んでゆくか『先を読む』こと。ひとつひとつの事案で関係する方々が異なるので、事故対応というのは一定の型どおりにはなかなか進みません。お客さまも自分の事故はどのようになるのだろうと心配をおかかえかと思います。そのお客さまの心配を取り除くためにも、我々の過去の事故対応の経験を生かして、お客さまに今後どのように進んでゆくのか情報を提供して安心していただくことだと思います。
損害サービスの仕事で大切にしていきたいものは何ですか?
多くの保険会社があるなか、保険会社によっていろいろな特徴が出てきていると感じています。歴史のある規模の大きな保険会社、ダイレクト販売の保険会社。当社は後発のダイレクト販売の保険会社になります。歴史が浅く規模が小さな部分がありますが、逆に時代の流れに敏感に反応し、お客さまのニーズに合わせて変化が可能な会社だとも思っています。お客さまの声に耳を傾けニーズに応えられる『いつもお客さまのそばにいる』保険になることを社員として実現してゆきたいと思います。

事故対応スタッフ
受付

仕事をする上でのやりがいを教えてください。
事故やトラブルにあわれたお客さまから最初にご連絡をいただくアクサダイレクトの顔ともいえる窓口において、責任者として現場を支えていることです。
仕事をする上での心がけや工夫を教えてください。
お客さまの立場に立って、そのお客さまが何を必要とされているのかを常に一番に考えるようにしています。突然の事故やトラブルにおあいになったときに、お客さまの「不安」を「安心」に変えるよう、誠心誠意をもって対応いたします。

2012年4月12日時点の情報となります。

*2015年7月〜9月他社から切り替えた新規ご契約者さま自社アンケート結果より

ページトップへ