アクサダイレクト

現在地
ホーム自動車保険自動車保険の選び方年代・家族構成別ご加入パターン > 20代 Aさんの自動車保険の選び方

20代 Aさんの自動車保険の選び方

社会人となり、はじめて車を購入。

23歳・男性・大阪府在住

23歳・男性・大阪府在住
お車:スズキ ワゴンR
1人暮らし

18歳になって免許を取ったときから車の運転が大好きでした。これまでは親の車を借りていたのですが、最近になってマイカーを購入しました。
これからは車に乗る頻度も増えてくると思うので、補償を厚くしたいと考えているのですが、給料もそんなに多くないので保険料はできるだけ抑えたいと思っています。
あと、友人が運転することもあるので、運転者の範囲は限定したくないです。

補償内容

相手方への補償

他人を死傷させたり、他人の車や財物(モノ)などに損害を与えた場合の補償です。

カスタマーアドバイザーが疑問にお答えします!

対物賠償保険の保険金額はいくらにするべきですか?
1,000万円では足りないのでしょうか?
損害賠償の対象は車の修理だけとは限りません。
一般的な車同士の事故であれば、1,000万円で十分カバーできそうに思えますが、事故で店舗や荷物を積んだトラックに突っ込んでしまった場合などは、思わぬ高額な賠償責任を負うケースもあります。もちろん、相手の車が1,000万円を超える高額な車である場合も考えられます。
アクサダイレクトでは、こうした「もしも」の際に、必要な賠償額を支払えるよう、対物賠償保険の金額は「無制限」を選ぶことをおすすめしています。

相手方への補償について詳しくはこちら

ご自身や同乗者への補償

ご自身や同乗の方が、事故でケガをしてしまった場合の補償です。

カスタマーアドバイザーが疑問にお答えします!

搭乗者傷害保険と人身傷害補償特約の違いがよく分からないのですが、具体的にはどのように違うのでしょうか?
搭乗者傷害保険と人身傷害補償特約は、どちらも運転者ご自身や同乗の方が自動車事故で死傷された場合の補償です。この2つの大きな違いは、保険金のお支払い方法にあります。
搭乗者傷害保険では、入通院日数やケガの部位や症状、後遺障害の程度に応じて、あらかじめ決められている金額をお支払いいたします。
これに対し人身傷害補償特約では、ケガの治療費や休業損害、死亡された場合や後遺障害が残った場合の逸失利益など、当社が定めた損害額基準に応じて実際の損害額を、保険金額を限度としてお支払いいたします。
搭乗者傷害保険は人身傷害補償特約の上乗せ補償としてお考えください。

ご自身や同乗者への補償について詳しくはこちら

ご自身のお車などへの補償

大切なお車が事故で壊れたり、盗難やいたずらにあった場合などの補償です

カスタマーアドバイザーが疑問にお答えします!

事故の場合、車の修理代は相手が支払ってくれるものだと思っているのですが、違うのでしょうか?

相手がいる車同士の事故が起こった場合、その事故の状況に応じてお互いの過失割合が決められます。ご自身のお車の損害については、過失割合に応じて相手から賠償金が支払われます。
例えば、相手の過失割合が6割だった場合、ご自身のお車の損害額の6割は相手が支払うことになりますが、残りの4割についてはご自身の負担となります。
車両保険は、このご自身の負担分についてカバーできる補償となっています。

ご自身のお車などへの補償について詳しくはこちら

契約条件

  • 記名被保険者:大阪府在住 23歳
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 車/型式:スズキ ワゴンR/MH34S
  • 運転者年齢条件:21歳以上補償
  • 用途車種:自家用軽四輪乗用車
  • 運転者限定特約:なし
  • 初度登録年月:2017年4月
  • ノンフリート等級:6B等級
  • 使用目的:日常レジャー用
  • 事故有係数適用期間:0年
  • 年間予想最大走行距離:5,000km未満
  • 保険始期日:2017年4月1日

その他ご契約例

*他社から切り替えた新規ご契約者さま自社アンケート結果(2016年12月)より

ページトップへ