アクサダイレクト

現在地
保険用語集保険の基礎用語 > ソルベンシー・マージン比率

保険用語集(自動車保険・バイク保険)

ソルベンシー・マージン比率

巨大災害や資本の大幅な価格下落など、通常の予測を超える危険(リスク)に対し、保険会社がどれだけ支払余力(=ソルベンシー・マージン)を持っているかを示す指標です。ソルベンシー・マージン比率は、通常200%以上あれば、その損害保険会社は安全であるとされています。保険会社の経営の健全性を示す指標の1つです。「ソルベンシー・マージン」とは保険会社が、大災害など通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力をどのくらい有しているかを判断するための行政監督上の指標です。

50音順

このウィンドウを閉じる